日尚大学园

 找回密码
 我要注册
查看: 891|回复: 0

2013秋季日剧/独身貴族第二話

erperw2002  (幼大)   楼主



守(草彅剛)は、ゆき(北川景子)が書いた脚本を、手直ししていけばよくなる原石だと評価。脚本を待つ日本映画の水島(梶原善)にそう伝えて渡すように、と進(伊藤英明)に指示した。ところが翌日、水島に面会した進は表紙を差し替え、大物の高倉雄二(津川雅彦)が書いた脚本だと言ってしまう。

その頃、守は玲子(平岩紙)と気乗りがしないデート中だった。そこへ進から電話が入り、水島にゆきの脚本を渡したと報告を受けた。これで会社が救われ、結婚もせずに済むと確信した守は、密かに喜びを爆発させる。

後日、守は叔母の亜希子(デヴィ・スカルノ)から、玲子を自宅に招待しただろうと連絡を受ける。身に覚えがない守だが、どうやら先日のデート中に約束をしてしまったらしい。しかも、聞けばその訪問時間が迫っていた。



一方、弁護士の小林(篠井英介)と面会していた進は、妻から請求された慰謝料があまりに高額なことに驚愕する。

映画の撮影現場で働き始めたゆきは、慣れないながらも雑用をこなそうとするが、現場を仕切る裕太(藤ヶ谷太輔)から不当に厳しく扱われていた。そんなゆきの姿を、須美花(蓮佛美沙子)が嬉しそうに見ていた。

約束の時間を過ぎ、大量の食材を買い込んだ玲子が守の自宅にやってくる。将来ここに住むかもしれないからまずは部屋を案内してくれ、という玲子に守は辟易。さらに、料理を始めた玲子を見て、自分とはあまりに違う大ざっぱぶりに気が遠くなり…。


[ 本帖最后由 erperw2002 于 2013-11-10 04:47 编辑 ]
2013-11-9 16:59   

您需要登录后才可以回帖 登录 | 我要注册

日尚大学园

GMT+8, 2018-5-26 21:10

Powered by Discuz!

© 2001-2018 日尚大学园

回顶部